開催概要

気仙沼から、光の慰霊碑をたちあげつづける 「3月11日からのヒカリ」プロジェクト

東日本大震災が発生した3月11日に、三陸沿岸の都市・気仙沼市内湾(鼎ケ浦)から、日の入り後の夜空へ静かに3本の光の柱を立ちあげます。 今年で5年目を迎えるこのセレモニーは、世界中の人々の気持ちを寄せ合いながら震災の記憶を刻む碑となり、そして私たちの未来を照らす灯になることを願います。   2012年開催写真
開催日 2017年3月11日(土)
時 間 18時30分から深夜0時まで
会 場 気仙沼市内湾(鼎が浦)
主 催 3月11日からのヒカリ実行委員会
後 援 気仙沼市 / 気仙沼商工会議所 / 河北新報「リアスの風」/(株)三陸新報社 / K-NET
協 賛 気中20回生支援会 / 昭和42年中学卒業気仙沼・仙台三陸会 / 美容室ayuda /  株式会社ニッポー /(一社)気仙沼サポートビューロー ※現在随時募集中です。
協 力 (株)内海工業 / 川印村田漁業(株)/ 気楽会 / 気仙沼観光コンベンション協会 / 気仙沼のほぼ日 /(社)気仙沼復興協会 / 気仙沼プラザホテル /(株)マルニシ / ともしびプロジェクト(順不同) ※現在随時募集中です。

http://facebook.com/311hikari http://twitter.com/311hikari

光と時間と場所   「このイベントはどこかの会場への集客を目的とはしておりません。気仙沼湾を望む場所であれば誰でもご覧頂けると思います。静かに空を見上げて頂けましたら幸いです。」